--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-17

日本酒飲み比べ

P1040815-1.jpg


スペシャル日本酒3種の飲み比べです。

まずは「大吟醸 李白 月下独酌」です。



P1040816-1.jpg


漢詩です。(だいぶ前に習ったな~)

花間 一壷の酒
独酌 相親しむ無し
杯を挙げて 明月を邀むかえ
影に対して 三人を成す
月既に 飲を解せず
影徒に 我が身に随う
暫く月と影を伴うて
行楽 須すべからく春に及ぶべし
我歌えば 月 徘徊し
我舞えば 影 零乱
醒時 同じく交歓し
酔後 各 分散す
永く無情の遊を結び
相期して 雲漢はるかなり

<解釈>
花の間で酒壷ひとつをかかえ、
友もいないので、独りで酒を飲む。
杯をあげて明月をむかえ、
自分の影法師も数に入れると、三人の仲間が出来た。
しかし月はもともと飲むことを解しない。
影はただ、わたしが動くにつれて動くだけだ。
だがまあ、月と影とをお相伴させて、
楽しみをぞんぶん味うのは、まさに春のうちにかぎる。
わたしが歌うと月もさまよい、
わたしが踊ると影もふらふら踊り出す。
正気のうちは、こうしていっしょによろこびあっているが、
めいていしたあとは、めてめてばらばらになってしまう。
しかし、月と影とわたしの三人は、人間ばなれのした遊び仲間のちぎりを永久にむすぶ。
落合う約束の場所は天の川のはるか彼方である。

                   (武部利男「中国詩人選集・李白」)

ただ飲むだけではいけません。

時代背景を考えながら・・・


P1040817-1.jpg

しかし、これは美味しいです。

純米大吟醸ではなく、大吟醸ですが
飲んだ感じはさっぱりしていながら
しっかりと味わい深く、いい後味が残ります。


少し期間も経っていたので
古酒ちっくな濃厚さも出てて
いい感じでした。


P1040818-1.jpg


次は、一押しの
「鳳凰美田 純米吟醸無濾過霞本生 しぼりたて新酒」です。


P1040819-1.jpg

鳳凰美田の中でも、季節ものですね。


P1040820-1.jpg

この銘柄独特のフレッシュさ全開で
甘味&旨みが濃縮されながら
後味はじわっと抜けていきます。


期待していた以上の味です。



P1040821-1.jpg


最後は、「鶴齢 純米酒山田錦65%火入」です。


P1040822-1.jpg

この鶴齢も日本酒師匠お勧めの
超旨酒です。

銘柄内でも、いろんな種類がありそうですが
このお酒は、濃厚さがありながら
割とすっきりとしておりました。

3種類の中では、いちばん飲みやすいかもです。

いいお酒です。


P1040823-1.jpg

おつまみの数々です。

女将の手料理です。

鶏肉に味がしみこんで
口当たりも柔らかで美味しいです。


P1040824-1.jpg


かつおの酒盗が辛すぎて
お酒飲みすぎます!



P1040826-1.jpg


のどぐろのフレークです。

これ旨すぎます。
浜田産?

お取り寄せ必須ですね。



今年のベストお酒&つまみに
どれも入りそうです。


blogram投票ボタン2010年ベストは検討中

スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

アイバコフ

Author:アイバコフ
日本酒と車と音楽をこよなく愛すロシア系!?日本人です。
飲み会・飲み歩き大好きですが、最近はもっぱら家飲みばかり・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。